JAXAとトヨタ、国際宇宙探査で協業 有人探査モビリティを開発へ | FlyTeam ニュース

JAXAとトヨタ、国際宇宙探査で協業 有人探査モビリティを開発へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:有人与圧ローバシステム案

有人与圧ローバシステム案

宇宙航空研究開発機構(JAXA)とトヨタは2019年3月12日(火)、国際宇宙探査ミッションでの協業の可能性について合意しました。その第1弾として、共同で検討を進めてきた「燃料電池車(FCV)技術を用いた、月面での有人探査活動に必要なモビリティ「有人与圧ローバ」の検討を加速します。

「有人与圧ローバ」は、マイクロバス約2台分の全長6メートル、全幅5.2メートル、全高3.8メートルで、月面では1万キロメートル以上の走行ができる性能をめざします。居住空間は4畳半ワンルーム程度の13立方メートルで、2名が滞在可能ですが、緊急時は4名が滞在可能です。

JAXAは、有人与圧ローバは2030年代に想定する有人月面探査を支える重要な要素で、2029年の打上げを目指しています。トヨタの協力で、日本の技術力を結集して技術検討に取り組む方針で、「国際宇宙探査に挑戦する仲間に加わっていただき、大変心強く思います」とコメントしています。

また、トヨタもこれまで培った車両の耐久性、走破性と電動車(FC)という環境技術に期待を寄せられたことを歓迎すると同時に「今回のプロジェクトに求められることは、まさに生きて帰ってくるということ」とより高い技術へ挑戦する意欲を示しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加