チャイナエアラインとマンダリン、4月から航空券変更時の手数料を見直し | FlyTeam ニュース

チャイナエアラインとマンダリン、4月から航空券変更時の手数料を見直し

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

チャイナエアラインとマンダリン航空は2019年4月1日(月)から、航空券変更時の取扱手数料規定を変更します。

航空券の発券元がチャイナエアラインの公式サイト、支店、旅行会社で、往路または復路の航空券を空港で手続きする場合、予約確定前の航空券の取り扱い等を含む航空券全般に渡るケースで手数料が発生します。

また、旅行会社で発券し、往路を変更する場合、チャイナエアラインのコールセンター、または支店では、航空券が再発行となり手数料が発生します。コールセンターは平日のみの対応となります。

手数料はいずれも、台湾国内が1,500台湾ドル、台湾以外が50米ドルまたは相当の現地通貨です。

期日: 2019/04/01から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加