羽田空港で航空機汚水処理施設を新設、2020年3月に竣工予定 | FlyTeam ニュース

羽田空港で航空機汚水処理施設を新設、2020年3月に竣工予定

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

空港施設は2019年4月11日(木)、羽田空港内にある航空機汚水処理施設(SDプラント)を新設すると発表しました。

現在、SDプラントは、航空機から排出される汚水の処理施設として利用されていますが、今後、羽田空港での発着枠拡大などで汚水の投棄量が既存施設の処理能力を超えると想定されることから、処理能力を向上したSDプラントが新設されます。

新設工事は2018年7月から着工しており、2020年3月に竣工・稼働開始となる予定です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加