シンガポール航空カーゴ、医薬品輸送サービスでスカイセルとリース契約

シンガポール航空カーゴ、医薬品輸送サービスでスカイセルとリース契約

ニュース画像 1枚目:シンガポール航空カーゴ
シンガポール航空カーゴ

シンガポール航空カーゴは貨物サービス「THRUCOOL(スルークール)」の利用促進を図るため、2019年5月1日(水)から、航空貨物用の温度管理輸送用コンテナを手がける「スカイセル」と3年間のリース契約を締結しました。これにより、シンガポール航空カーゴは、高品質な医薬品輸送サービスを拡充します。

「スルークール」は、時間や温度など厳格な管理を必要とする、医薬品の輸送のための低温流通体系です。2018年9月から医薬品輸送の需要が高いチューリッヒ/シンガポール/シドニー路線で、シンガポール航空カーゴの「高品質低温流通ネットワーク」を代表するサービスとして開始しています。

「スルークール」で使用されているスカイセルのコンテナは、周囲の温度に関わらず、医薬品の温度が摂氏2度から8度、または摂氏15度から25度を保つように設計されています。コンテナにはIoTセンサーが装備され、データクラウドに接続し品質を確認することも可能です。

この高品質低温流通ネットワークは、国際航空運送協会(IATA)が策定した医薬品温度管理輸送の品質認証プログラム「CEIV Pharma」を取得しています。6月13日(木)からアムステルダム、ホーチミンも加わり、アムステルダム、またはチューリッヒ発、シンガポール経由でホーチミン、またはシドニーまで「スルークール」を利用できます。

シンガポール航空カーゴは、今後も業界をリードする企業との連携を強化し、「高品質低温流通ネットワーク」の拡大に取り取り組む方針です。

メニューを開く