AIRDO、羽田空港の最低乗継時間を変更 10月27日から | FlyTeam ニュース

AIRDO、羽田空港の最低乗継時間を変更 10月27日から

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:AIRDO 機体イメージ

AIRDO 機体イメージ

AIRDOは2019年10月27日(日)から、羽田空港第2ターミナルでAIRDO、全日空(ANA)、ソラシドエア、スターフライヤー間で乗り継ぎを行う場合の最低乗継時間(Minimum Connecting Time:MCT)を変更します。

第2ターミナル内で、AIRDO、ANA、ソラシドエア、また関空、山口宇部発着のスターフライヤー便に乗り継ぐ場合のMCTは現在「25分以上」と設定されていますが、冬スケジュール開始から「35分以上」に変更となります。

なお、羽田空港第1ターミナルを利用する福岡、北九州発着のスターフライヤー便との乗継必要時間は「50分以上」で変更なく、羽田空港の各ターミナル間は連絡バスで移動できます。また、羽田以外の空港での最低乗継時間は「20分以上」でこちらも変更ありません。

期日: 2019/10/27から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加