JAL、中国行きSpecial Saver運賃の販売期間を延長 | FlyTeam ニュース

JAL、中国行きSpecial Saver運賃の販売期間を延長

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃
ニュース画像 1枚目:JAL

JAL

日本航空(JAL)は2019年8月8日(木)、中国行きおトクなエコノミークラス「Special Saver Q」、ビジネスクラス「Special Saver X」運賃の販売、設定期間を延長しました。

いずれも設定期間は2020年3月31日(火)までの日本出発分まで、エコノミークラスの販売期間は2020年3月17日(火)まで、ビジネスクラスは2020年3月10日(火)までと設定されています。

エコノミークラスの運賃額は、成田または羽田発着の上海・浦東線が38,000円から、羽田/上海・虹橋線が44,000円から、関西/上海・浦東線が29,000円から、名古屋(セントレア)/上海・浦東線が28,000円から、成田または羽田発着の北京線が39,000円から、成田/大連線が37,000円からなど設定されています。

ビジネスクラスは、成田または羽田発着の上海・浦東線が90,000円から、羽田/上海・虹橋線が110,000円から、関西、名古屋(セントレア)発着の上海・浦東線が85,000円から、成田/北京線が95,000円から、羽田/広州線が115,000円からなど設定されています。

なお、これらの運賃は土曜日の現地滞在が条件で、日本発着国際線区間は日本航空(JL)限定で、他社運航のコードシェア便は利用できません。

期日: 2020/03/17まで
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加