空撮の築城基地のF-2A特別塗装機 | FlyTeam ニュース

空撮の築城基地のF-2A特別塗装機

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント

航空自衛隊、築城基地の公式Twitterが10,000フォロワーを記念し、第6飛行隊60周年記念塗装機の空撮画像を公開しました。F-2Aの背面に鮮やかな赤いフェニックスが描かれています。FlyTeamの投稿によると、当該機は「33-8523」に特別塗装が描かれています。2019年12月8日(日)に行われる築城基地航空祭で、実物が披露されます。

第6飛行隊は、1959年に千歳基地で発足しました。その年の10月に新田原基地に移動し、要撃訓練を行いました。1960年に松島基地に移動、1961年に新田原基地に移動し対領空侵犯措置任務に就きました。1964年からは、築城基地で活動しています。

歴代の戦闘機は、1959年から1981年までノースアメリカンF-86F、1981年から2006年まで三菱F-1、2004年からは三菱F-2AとF-2Bを運用しています。この他、連絡機や練習機として、ロッキードT-33Aや三菱T-2を使用していました、現在はT-4を使用しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加