新田原基地の第5航空団、宮崎県で実施された高鍋総合防災訓練に参加 | FlyTeam ニュース

新田原基地の第5航空団、宮崎県で実施された高鍋総合防災訓練に参加

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:医療支援活動の様子

医療支援活動の様子

航空自衛隊新田原基地所属の第5航空団は2019年9月1日(日)、宮崎県児湯郡高鍋町が実施した総合防災訓練に参加しました。

訓練は地震と津波を想定し、役場職員や児湯消防組合、その他の関係機関と協力し、被害状況の確認収集や医療支援活動、要救護者の救助活動などを行い、災害時の連携能力強化を図っています。訓練では、油圧器材の人命救助システムを使用した救助活動や、災害時の給水体験、炊き出しの支援活動、衛生隊員によるトリアージなどが実施されています。

第5航空団は、西部航空方面隊に属する航空団です。司令部は宮崎県児湯郡新富町の新田原基地に所在しており、九州南部から奄美群島地域の領空に接近、侵入する国籍不明機に対しての対領空侵犯措置を担当しています。

期日: 2019/09/01
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加