横田基地フレンドシップフェスティバル2019、地上展示の機種予定 | FlyTeam ニュース

横田基地フレンドシップフェスティバル2019、地上展示の機種予定

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント
ニュース画像 1枚目:2018年のフレンドシップフェスティバル

2018年のフレンドシップフェスティバル

  • ニュース画像 2枚目:2018年のエアサイド
  • ニュース画像 3枚目:C-2とグローブマスター

アメリカ空軍横田基地は2019年9月14日(土)と9月15日(日)の2日間、「横田基地日米友好祭/フレンドシップフェスティバル」を開催します。入場時間は、9時から20時まで、一般開門ゲートは第5サプライ、牛浜ゲートです。

友好祭のプログラムとして、C-130Jを使用し、第1空挺団が初めて空挺降下を披露するほか、航空機も例年通り地上展示される予定です。在日アメリカ軍に加え、航空自衛隊の航空機を中心に披露されます。2019年は、自衛隊からYS-11、C-1、C-2の輸送機、F-15J、F-2の戦闘機などが参加します。

アメリカ軍から、横田基地に所在するC-130J、UH-1N、C-12J、CV-22、RQ-4をはじめ、A-10C、F-15C、F-16、EA-18Gなどの戦闘機、アメリカ海軍からP-8A、さらにKC-10、KC-135なども展示される予定です。

■地上展示航空機
<アメリカ軍>
MC-130
F-16
A-10C
KC-10
F-15C
KC-135
CH-53E
AH-1Z
UH-1Y
MH-60R
MH-60S
EA-18G
P-8
UC-35
C-130J
UH-1N
C-12J
CV-22
RQ-4
<航空自衛隊>
UH-60JA
C-1
YS-11
F-15J
RF-4
F-2
UH-60J
U-125
CH-47
C-2
C-130H
<その他>
民間小型機
期日: 2019/09/14 〜 2019/09/15
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加