スカイトレック、コンテンツ「フライトシミュレーター」をリニューアル | FlyTeam ニュース

スカイトレック、コンテンツ「フライトシミュレーター」をリニューアル

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:フライトシミュレーター

フライトシミュレーター

小型チャーター機を活用した総合旅行サービスを提供するスカイトレック(SKYTREK)は、同社のウェブサイトからルートや料金を検索できる「フライトシミュレーター」を2019年10月17日(木)、リニューアルしました。

このリニューアルは、スカイトレックの小型機に加え、新たに水陸両用機、ヘリコプター、ジェット機の3種類を追加したほか、離着陸や離着水が可能な空港、飛行場、ヘリポートを8箇所、追加されました。一目でチャーターの詳細が分かるように、操作説明も設けられています。

新たに追加された機材は、水陸両用機のKodiak 100、エアバス・ヘリコプターズのAS350、セスナ・サイテーション・ムスタングです。利用可能な空港はKodiak 100がオノミチフローティングポート、小豆島ベイリゾートホテル桟橋、なかうみスカイポート、AS350が直島ヘリポート、京都将軍塚ヘリポート、セスナ・サイテーション・ムスタングが羽田空港、成田空港、関西国際空港です。

今後は「フライトシミュレーター」を通じ、全国の他社を含む各機材の情報登録が可能になります。スカイトレックは機材と空港のスピーディーなマッチングを実現し、充実した情報提供を目指しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加