新明和工業、新潟市で固定翼型無人航空機XU-S開発に向け飛行試験 | FlyTeam ニュース

新明和工業、新潟市で固定翼型無人航空機XU-S開発に向け飛行試験

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:飛行試験中のXU-S

飛行試験中のXU-S

新明和工業は2019年10月9日(水)、新潟県新潟市西区の新潟市第三赤塚埋立処分地で、実験用途として開発中の固定翼型無人航空機XU-Sの飛行試験を実施しました。この飛行試験は滞空性能と自律制御性を確認し、4長時間以上滞空できる固定翼無人航空機の開発に向けた実証実験です。

XU-Sは、全長2.5メートル、全幅6メートル、全高0.4メートル、電池含む重量8キログラムで、用途は情報通信や情報収集分野などを想定しています。自然災害や事故、遭難をテーマに、セキュリティーを維持し、安全・安心な生活を維持するため領土や海洋を総合的に監視・観測を実施することを想定し、長時間の滞空時間を実現するため、機体の軽量化に注力した設計が採用されています。

新明和工業は、国産の次世代固定翼型の無人小型飛行機(UAV)の実用化に向けた研究を推進する長岡技術科学大学と協力し、今回の試験を実現しています。今後は、さらに改良を進め、長岡技術科学大学と同社も加盟するGlobal Observation System研究会に、機体を貸与します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加