海兵隊MV-22B、揚陸強襲艦「アメリカ」キャリア資格を取得 | FlyTeam ニュース

海兵隊MV-22B、揚陸強襲艦「アメリカ」キャリア資格を取得

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:VMM-265のMV-22

VMM-265のMV-22

  • ニュース画像 2枚目:揚陸強襲艦 アメリカ(LHA-6) デッキ
  • ニュース画像 3枚目:F-35BライトニングIIのアメリカ甲板での様子

アメリカ海兵隊第31海兵隊遠征隊(MEU)の中型ティルトローター飛行隊VMM-265ドラゴンズのパイロットが2020年1月21日(火)、揚陸強襲艦「アメリカ(LHA-6)」でキャリア資格を取得しました。揚陸強襲艦「アメリカ」でVMM-265が定期的に、アメリカ遠征打撃群(ESG)と統合作戦を行います。

パイロットの場合、キャリア資格は通常1カ月のトレーニングで構成され、シミュレーションベースの演習と、飛行甲板をシミュレートした地上での模擬着艦から始まります。これらの手順を完了した後、パイロットは離艦および着艦を安全に実行できるように、艦上で練習を開始します。飛行甲板の乗組員、航空作戦チーム、ブリッジの監視員も、航空機の離発艦をトレーニングする必要があります。

アメリカ海軍が展開する最新の揚陸強襲艦「アメリカ」は、海兵隊のF-35BライトニングⅡの運用能力を高める事ができるよう設計されています。

期日: 2020/01/21から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加