RAC、3月から「宮古島ふんわりさとうきび糖」を機内で販売 | FlyTeam ニュース

RAC、3月から「宮古島ふんわりさとうきび糖」を機内で販売

ニュース画像 1枚目:宮古島ふんわりさとうきび糖
宮古島ふんわりさとうきび糖

琉球エアーコミューター(RAC)は2020年3月1日(日)から、機内で「宮古島ふんわりさとうきび糖」を販売しています。

「宮古島ふんわりさとうきび糖」は、宮古島産のさとうきびを原料としてつくられています。沖縄独特の糖資源に着目し、糖の研究・開発を目的として、沖縄工業高等専門学校と伊藤忠製糖が共同で設立した研究ラボの取り組みに先行して、伊藤忠製糖がすでに製品化している商品を沖縄高専の学生のアイディアで新パッケージ化したものです。

RACは、沖縄高専と包括連携協定を締結しており、共同研究ラボの商品開発方針の一助となるべく、RAC全路線の機内で販売することになりました。価格は税込500円です。なお、この商品の売り上げの一部は沖縄の海を守る為の「サンゴ保全活動」に寄付されます。また、天候などの事由や搭載の状況によっては、機内販売できない場合があります。

期日: 2020/03/01から
メニューを開く