納入開始から6年 HondaJet、200機目を引き渡し

納入開始から6年 HondaJet、200機目を引き渡し

ニュース画像 1枚目:200機目の納入を達成したHondaJet
© Honda
200機目の納入を達成したHondaJet

ホンダ・エアクラフト・カンパニー(HACI)は2021年12月16日(木)、開発・製造する「HondaJet」200機目をデリバリーしたと発表しました。 独自開発の技術を採用したHondaJetは、2015年12月にアメリカ連邦航空局(FAA)から型式証明を取得し、デリバリーを開始。2015年は2機、翌2016年は23機を納入し、2017年から2020年まで4年連続でジェネラル・アビエーションの業界団体GAMAの発表で小型ジェット機カテゴリー世界1位となっています。2021年はこれまで28機が引き渡しされ、200機を達成しました。

HondaJetは、主翼上面のエンジン配置、自然層流翼型、一体成型複合材胴体など独自に開発した技術を採用したビジネスジェット機です。2015年にFAAからの型式証明取得後もアップグレードが続き、2018年5月に航続距離を延長、新たなアビオニクス機能を採用、インテリアをアップグレードした「HondaJet Elite」が登場。

2021年5月には、最大離陸重量を約200ポンド(91kg)増加し、アビオニクス機能のアップグレードで機体の性能、操縦性が向上した最新型「HondaJet Elite S」を発表しています。

引き渡しされたHondaJetにより、総飛行時間は98,000時間を記録しています。なお、アメリカや日本を含め、型式証明は13カ国で取得しています。

メニューを開く