JAL、三沢発着で初の遊覧チャーター運航 東北各地を上空から鑑賞

JAL、三沢発着で初の遊覧チャーター運航 東北各地を上空から鑑賞

ニュース画像 1枚目:機材の到着時、駐機場から見学するチャーター便の搭乗客たち
機材の到着時、駐機場から見学するチャーター便の搭乗客たち

日本航空(JAL)は2022年8月17日、三沢空港発着の遊覧チャーター便を初めて運航しました。ジェイエア運航のエンブラエル170型機「JA219J(機体記号)」で、三沢離陸後、三陸海岸沿いに南下し、仙台、山形、秋田、青森、函館の上空を通過し、津軽半島や下北半島を眺めながら再び三沢に戻る約2時間の飛行でした。

当日は、伊丹からフェリーされたエンブラエル機の到着を、チャーター便に搭乗する76名は特別に駐機場から見学。さらに飛行機との記念撮影と続き、フライト前から楽しめる企画が実施されました。フライト中も機内で客室乗務員によるミニ航空教室や、希望する子どもたちに抽選で機内アナウンスなど、夏休みの思い出になる体験ができる機会でした。

ニュース画像 1枚目:出発前の記念撮影
出発前の記念撮影
ニュース画像 2枚目:アナウンス体験する子供たち
アナウンス体験する子供たち
ニュース画像 3枚目:遊覧飛行中の機内
遊覧飛行中の機内

チャーター便は、三沢空港の民間機就航70周年記念、さらに羽田線4便化の定着に向けた活性化の企画として実施されました。民間機の乗り入れは、1952年1月11日にJALが羽田/札幌線を三沢に寄港させる経路として始まりました。

メニューを開く