JAL、燃油サーチャージ値下げへ 12月以降 高値更新から一転

JAL、燃油サーチャージ値下げへ 12月以降 高値更新から一転

ニュース画像 1枚目:JAL イメージ
JAL イメージ

日本航空(JAL)は、2022年12月・2023年1月分の燃油サーチャージを、2022年10・11月分より、値下げすると発表しました。もっとも高い北米・欧州方面では、片道57,200円から47,000円への値下げになります。2022年に入りウクライナ情勢などにより、値上げを繰り返し、10・11月分は過去最高額を更新中でした。

■日本発旅程 燃油サーチャージ 片道大人・子供 1名あたり

2022年10・11月分2022/23年12・1月分
韓国、極東ロシア7,700円5,900円
東アジア(除く韓国、モンゴル)12,900円11,400円
グアム、パラオ、フィリピン、ベトナム、モンゴル、ロシア*122,900円17,800円
タイ、マレーシア、シンガポール、ブルネイ、ロシア*229,800円24,700円
ハワイ、インドネシア、インド、スリランカ37,400円30,500円
北米、欧州、中東、オセアニア57,200円47,000円
*1 イルクーツク *2 ノヴォシビルスク

燃油サーチャージは、国際的な航空燃油価格の平均を参考にし、2ヶ月に一度、見直しが行われます。運賃とは別に支払う必要があり、航空券を発券する際に徴収されます。

期日: 2022/12/01 〜 2023/01/31
メニューを開く