シンガポール・カーゴ、1月から747-400Fの1機を運航からはずす | FlyTeam ニュース

シンガポール・カーゴ、1月から747-400Fの1機を運航からはずす

シンガポール航空カーゴは保有する13機の747-400Fのうち、1機を保管すると発表しました。航空貨物需要が弱含みで、航空燃料が高騰しているための措置です。

保管は2013年1月から実施する計画で、2014年5月までの対応です。保管場所は現在検討中です。

シンガポール航空カーゴは2012年に入り、長距離路線を減便したものの13機体制を維持していました。

期日: 2013/01/01から
メニューを開く