体重で運賃を決定 アイランダーを使うサモア・エアが導入 | FlyTeam ニュース

体重で運賃を決定 アイランダーを使うサモア・エアが導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

サモア・エア(3レター:SZB)は乗客の体重によって運賃を変更するシステム、「Pay only for what you weigh'!」を導入しています。世界で初めて、体重による課金システムの導入になります。

サモア・エアは体重の重い国民が多く、日々、運航に苦労しているとして、こうした体重による運賃制度を導入したとしています。

この運賃は予約時にウェブサイトで自身の体重、荷物の重さの推定値を入力。この重さに応じた運賃が提示されますが、空港でも体重計や重量を量るため、嘘はつけません。ウェブサイトでは簡単に料金をはじき出すことができるので、どのくらいかかるか、試しにやってみるのも、良いかもしれません。

サモア・エアはアイランダーを使用、サモアのファレオロ国際空港を拠点にサモアのアサウ、マオタやアメリカ領サモアのパゴパゴへフライトしています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加