IAG、ブエリング航空をグループ傘下に収める | FlyTeam ニュース

IAG、ブエリング航空をグループ傘下に収める

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ブリティッシュ・エアウェイズ、イベリア航空の親会社インターナショナル・コンソリデーティッド・エアラインズ・グループ(IAG)はスペインの格安航空会社(LCC)、ブエリング航空が同グループ傘下に入ると発表しました。イベリア航空がブエリング航空の株式45.85%を保有しており、残る株式取得を目指していたもの。

このほどブエリング航空の82.48%の株主とも合意しました。これにより、IAGはイベリア航空保有分を含め90.51%のブエリング株を保有することになります。IAGはブエリング航空を独立の航空会社として運営する予定で、今回のグループ化について「IAGの財務面で強化することができ、バルセロナを拠点とする路線網をさらに強化する」としています。

なお、取得手続きは2013年4月26日に終了する予定です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加