タイガー・エアウェイズ、「タイガーエア」へ名称変更 | FlyTeam ニュース

タイガー・エアウェイズ、「タイガーエア」へ名称変更

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

シンガポールを拠点にするタイガー・エアウェイズは2013年7月3日、ブランド名を「タイガーエア(Tigerair)」に変更しました。グループのタイガー・エアウェイズ・オーストリアも「タイガーエア・オーストラリア」へ変更。インドネシアのマンダラ・エアラインズは「タイガーエア・マンダラ」、フィリピンのサウス・イースト・アジアン・エアラインズ(SEエア)は「タイガーエア・フィリピン」となり、「タイガーエア」でブランドを統一しています。

タイガーエアの新ロゴは躍動するトラをイメージしたもので、同時に温かみを出すため、丸文字を採用、カラーはオレンジをワンポイントとして活用しています。

タイガーエアはウェブサイトで7月3日からフライト予約の変更などを可能にしたほか、今後は新たな運賃体系の導入、オンラインでの機内食、スナックの事前購入、モバイルチェックインサービスの導入などを予定しています。

オーストラリアのタイガーエアでも新しいロゴの導入を実施、すでに新機材を導入しています。なお、各社の機材数はタイガーエアは21機、タイガーエア・オーストラリアが11機、タイガーエア・マンダラが7機、タイガーエア・フィリピンが5機で、合計44機で運航しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加