カナダのカーゴジェット、機材更新で757-200を4機体制へ | FlyTeam ニュース

カナダのカーゴジェット、機材更新で757-200を4機体制へ

カナダの貨物航空会社、カーゴジェットは2014年1月8日、機材更新計画を発表しました。これまで727-200Fを運航していましたが、カナダ国内線には757-200を投入します。すでに757-200を2機保有していますが、757-200ERを導入するもので、2014年6月末までにさらに新機材を2機追加し、757を4機体制とします。

この機材更新により、現在より燃費改善に加え、およそ20%の輸送量増加を図ることができるとしています。

なお、カーゴジェットは航空機リース会社のAWASから1月7日に757-200貨物機をリースで導入しています。

メニューを開く