アラスカのパイロット、PC-12で総飛行時間10,000時間を達成

アラスカのパイロット、PC-12で総飛行時間10,000時間を達成

スイスのピラタスは2014年6月24日、同社のPC-12のオーナーであるティム・ラ・ポートさんが、総飛行時間10,000時間を達成したと発表しました。これは世界一の記録で、ピラタス・エアクラフトが表彰しました。

PC-12 総飛行時間10,000時間 1

ラ・ポートさんはアラスカのイリアムナで、奥さんと娘さんの3人で航空会社、イリアムナ・エア・タクシー(Iliamna Air Taxi)を運営しています。同社は3機のPC-12、機体記号(レジ)でN715NL、N715HL、N715TLを保有しています。ラ・ポートさんはパイロットとして、このPC-12を操縦しています。

PC-12 総飛行時間10,000時間 3

PC-12はピラタス・エアクラフトが製造する単発のターボプロップ機で、最大9名の乗客を乗せることができる小型機です。

ラ・ポート氏は表彰式の会場で「この功績は、私の妻ナンシーの理解と協力があってこそ達成できました。私は41年間、32,000時間に渡ってアラスカを飛び続けていますが、PC-12は10,000時間乗ってもなお、毎回乗る度にとても心が躍ります。もしできれば、次はアラスカで最初のPC-24の操縦者になりたいです」と語りました。

PC-12 総飛行時間10,000時間 4


PC-12 総飛行時間10,000時間 2

(ログブック)

メニューを開く