ノックスクート、2015年1月から3月に777-200で就航へ | FlyTeam ニュース

ノックスクート、2015年1月から3月に777-200で就航へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

東南アジアの格安航空会社(LCC)、ノックエアとスクートによる「ノックスクート」が前進しました。新規設立ではなく、2014年8月20日付で既存のピートエア(Pete Air Company Ltd)を名称変更し、CEOも任命しました。就航日は当初、計画されていた2014年中から、2015年1月から3月までの第1四半期と後倒しとなりました。

ノックエア、スクートなどが2014年6月19日付でピートエアの株式を取得しており、それを活用したものです。ノックスクートの社長には、ノックエアのPiya Yodmani氏が就任しました。同氏は、「格安航空会社の競争は激しく、旅客はデスティネーションの選択、航空会社の選択で多くの選択肢がある。これまでの経験を最大限に活かし、価格に焦点を置きつつ、フライトが快適に過ごせる様に努力する」としています。

ノックスクートは当初は777-200を使用し、バンコク・ドンムアン空港を拠点に中距離路線に就航する計画です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加