カタール航空、A350で営業初飛行 ドーハ/フランクフルト線に投入 | FlyTeam ニュース

カタール航空、A350で営業初飛行 ドーハ/フランクフルト線に投入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:カタール航空 A350 初号機

カタール航空 A350 初号機

カタール航空は2015年1月15日、ドーハ/フランクフルト線で初めてA350 XWBによる営業飛行を行いました。エアバスが開発した最新鋭の機体で、これを記念してカタール航空のアクバル・アル=バーキルCEO、エアバスのファブリス・ブレジエCEOが搭乗しました。

カタール航空はビジネス36席、エコノミー247席、計283席のA350をドーハ/フランクフルト線で毎日運航します。

初めての営業飛行を歓迎したフランクフルト国際空港は、最新の静粛性の高い機材に歓迎の意を示し、航空会社、航空機メーカーと今後も次世代機の開発など協力していくとしています。

フランクフルト国際空港では、1970年代にターミナル1の建設時に747を使用したハブ空港が意識され、その後は2005年にA380の受け入れを行い、そして今回のA350でもテスト飛行時にこの機材を受け入れています。

期日: 2015/01/15から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加