オーストリア航空、成田/ウィーン線を撤退 円安・価格競争で不採算路線 | FlyTeam ニュース

オーストリア航空、成田/ウィーン線を撤退 円安・価格競争で不採算路線

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:オーストリア航空 777

オーストリア航空 777

オーストリア航空日本支社は2016年4月7日(木)、成田/ウィーン線を運休すると発表しました。最終便は、2016年9月4日(日)の成田発ウィーン行きOS52便となります。

オーストリア航空は1989年に日本路線を開設し、これまで27年間にわたりオーストリアと日本を結んでいました。同社は運休理由について日本経済が停滞していること、3年前から円安が進み価格競争が激しくなり、不採算路線になっているとしています。

現在の2016年夏スケジュールは、4月6日から月、水、木、土、日の週5便を777-200で運航し、デイリー運航から減便した体制を敷いていました。同社のアジア路線は4月4日(月)から就航したウィーン/上海線をはじめ、中国路線へシフトすると見られます。

これにより、成田線運休後のオーストリア航空が運航するアジア路線はバンコク、北京、上海、香港、アスタナ(カザフスタン)、コロンボとマレ線となります。

なお、オーストリア航空はすでに予約済みの旅客に対し、予約した旅行代理店やコールセンターに問合せるよう呼びかけています。

※配信後に記事の一部を修正しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加