中国郵政航空、初の757-200PCFを受領 HAECOアモイが改修 | FlyTeam ニュース

中国郵政航空、初の757-200PCFを受領 HAECOアモイが改修

HAECOアモイは2016年10月19日(水)、中国郵政航空に初めて、旅客機から貨物機へ改修した757-200を納入したと発表しました。この機材は、HAECOアモイが手がけた12機目の改修で、同社はパートナーのプリシジョン・エアクラフト・ソリューションが2010年3月にこのプログラム開始、その追加型式証明(STC)を活用しています。

中国郵政航空では、757-200PCFは初めての機種となります。同社はアジアで成長するエクスプレス市場に対応し、この機材を導入します。また、同社はHAECOアモイが同社スタッフなどと協力し、新機種の導入を予定通りに進める支援に感謝しています。

なお、この機体は機体記号(レジ)「B-2835」で、10月18日(火)に改修が行われた廈門から常州空港にフェリーされています。

この記事に関連するニュース
メニューを開く