ハワイアン航空、福岡線のビジネスクラス機内食を発表

ハワイアン航空、福岡線のビジネスクラス機内食を発表

ハワイアン航空は2012年4月16日からデイリー運航を開始する福岡/ホノルル線のHA453HA454便でのビジネスクラスの機内食サービスを発表しました。

福岡発のメインは「ボンレスビーフ・ショートリブの蒸し煮」を提供、ハワイ発ではスープ、サラダ、メイン、デザートの4コースで、3種類のメイン料理から1つを選択できます。また、ホノルル発は「ポーク・テンダーロインのグリル、メルローワインのデミグラスソース添え」、「グリル海老とロティーニ・パスタ、マカデミアナッツのペスト、イエロー・グレープトマト、カラマタ・オリーブとロース・バターナッツ・スクアッシュ添え」、「焼き茄子と野菜の煮込み、パイ包み」とハワイ色を豊かなメニューを用意したそう。

なお、ハワイアン航空では羽田線では就航当初の767-300ER型からA330-200型へ機材を大型化。4月21日には関西線でもA330-200型への変更が予定され、福岡線でも機材を変更する予定にしています。

期日: 2012/04/16から
メニューを開く