レッドブルエアレース・アブダビ、室屋選手はラウンド・オブ14でDNF

レッドブルエアレース・アブダビ、室屋選手はラウンド・オブ14でDNF

ニュース画像 1枚目:レッドブルエアレース・アブダビ2017
レッドブルエアレース・アブダビ2017

2017年2月10日(金)と2月11日(土)の2日間、アブダビのコーニッシュビーチ沿いで「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ 2017 アブダビ」が開催されました。大会では、マスター・クラスでチェコのマルティン・ソンカ選手が優勝、日本から出場している室屋義秀選手は初戦の「ラウンド・オブ14」でスペインのフアン・ベラルデ選手に敗れ13位でした。

決勝戦の初戦である「ラウンド・オブ14」の第1試合は室屋選手とフアン・ベラルデ選手のレースから開始され、室屋選手は過度な「G」がかかる「オーバーG」でDNFとなり、フアン・ベラルデ選手に敗れました。フアン・ベラルデ選手はその後最終戦である「ファイナル4」まで進出し、マルティン・ソンカ選手に継ぐ好タイムで今大会2位となっています。

このほか、2017年シーズンからマスタークラスに加わったフランスのミカエル・ブラジョー選手は9位、2016年度総合優勝を果たしたマティアス・ドルダラー選手は4位でした。

なお、今回優勝したフアン・ベラルデ選手は、元イベリア航空のパイロットで、2014年からエアレースに参戦、翌2015年にマスタークラスに昇格し、優勝は今回が初となります。

この記事に関連するニュース
メニューを開く