チリで設立の格安航空会社ジェットスマート、1機目のA320を受領 | FlyTeam ニュース

チリで設立の格安航空会社ジェットスマート、1機目のA320を受領

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

チリで格安航空会社(LCC)として運航開始をめざしているジェットスマート(JetSMART)は、初の機材を受領しました。機体記号(レジ)「CC-AWA」で登録され、フランスのボルドーから、カナダ・ガンダー、ジャマイカ・キングストンのノーマン・マンレー国際空港を経由し、サンティアゴのアルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港に到着しました。

ジェットスマートは2017年7月の運航開始をめざしており、運航許可証明書(AOC)を申請済みです。同社は当初、チリ国内線に就航する予定で、2017年には3機、さらに2018年には6機体制にまで増機する予定です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加