国内生産初号機のF-35A、テスト飛行で緊急着陸 機体異常のランプ点灯で | FlyTeam ニュース

国内生産初号機のF-35A、テスト飛行で緊急着陸 機体異常のランプ点灯で

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:国内生産初号機のF-35A

国内生産初号機のF-35A

三菱重工業は2017年6月20日(火)、愛知県の小牧南工場内F-35最終組み立て検査施設「名古屋FACO」で最終組立したF-35A「AX-05」、機番「79-8705」による2回目に実施した飛行で緊急着陸しました。CBCニュースによると11時30分ごろに離陸し、12時30分前に名古屋小牧空港に緊急着陸しました。異常を示すランプが点灯したことを受けて、緊急着陸したもので、同空港の滑走路は10分から15分ほど閉鎖されましたが、民間機の定期便への影響はありませんでした。

「AX-05」はテスト飛行を経た後、アメリカへフェリーされる予定ですが、6月20日もそのテスト飛行が実施されていたものとみられます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加