ANA、9月から11月の「Tastes of JAPAN」は兵庫、岩手、沖縄を特集 | FlyTeam ニュース

ANA、9月から11月の「Tastes of JAPAN」は兵庫、岩手、沖縄を特集

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:11月に提供する但馬すこやかどりの軽い燻製ソテー 神戸赤ワインソース

11月に提供する但馬すこやかどりの軽い燻製ソテー 神戸赤ワインソース

全日空(ANA)など、ANAグループは「Tastes of JAPAN by ANA」プロジェクト第17弾で、2017年9月から11月までの3カ月間、兵庫県、岩手県、沖縄県を特集し、機内・空港ラウンジで特産品を使った食事、デザートの提供や、3県の魅力を紹介します。

期間中、国際線ビジネスクラスでは、11月に兵庫県の「但馬すこやかどりの軽い燻製ソテー 神戸赤ワインソース」、9月から11月に「郷土料理 岩手」、沖縄県の「アグー豚もろみ丼」が提供されます。

また、ラウンジでは、羽田空港国際線「ANA SUITE LOUNGE内 DINING h」で、9月に「明石鯛五穀饅頭 淡路産玉葱ときのこスープ煮」、10月に「ANAオリジナルパフェ 岩手」、成田、羽田空港国際線「ANA SUITE LOUNGE」では9月から11月に「沖縄県産シークヮーサージュレとハーブジュレ」を味わうことができるほか、羽田、関西の国際線ラウンジでは兵庫県の日本酒、羽田の国内線、成田の国際線ラウンジで岩手県の日本酒、沖縄県の泡盛が、それぞれ12銘柄ずつ用意されます。

このほか、ドローンで上空撮影した機内番組「SKY EYE ~空からのメッセージ~」では、兵庫県の姫路城、城崎温泉、岩手県の浄土ヶ浜、中尊寺、沖縄県のやんばる、首里城を紹介するするほか、機内誌「翼の王国」では、その土地を象徴する食文化として、兵庫県のパン、岩手県の南部せんべい、沖縄県のシークワーサーを特集します。

なお、同プロジェクトは第17弾の今回が最後の取り組みとなり、2017年12月からは次期プロジェクトを開始するとしています。詳しくは、ANAウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/09/01 〜 2017/11/30
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加