海自P-3Cなど、中国の空母「遼寧」航行と艦載戦闘機の飛行を確認 | FlyTeam ニュース

海自P-3Cなど、中国の空母「遼寧」航行と艦載戦闘機の飛行を確認

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:4月20日撮影の空母「遼寧」

4月20日撮影の空母「遼寧」

  • ニュース画像 2枚目:4月21日撮影の空母「遼寧」
  • ニュース画像 3枚目:ルーヤンⅡ級ミサイル駆逐艦

統合幕僚監部は2018年4月20日(金)、第13護衛隊所属「さわぎり」と第5護衛隊所属「あきづき」、第5航空群所属のP-3Cが中国海軍艦艇7隻の日本近海での動向を確認したと発表しました。

確認された艦艇は、中国海軍のクズネツォフ級の空母「遼寧」1隻、ルーヤンⅢ級ミサイル駆逐艦1隻、ルーヤンⅡ級ミサイル駆逐艦3隻、ジャンカイⅡ級フリゲート2隻の計7隻です。艦船番号は空母が「16」、ミサイル駆逐艦が「154」「150」「151」「152」、フリゲートが「538」「547」です。

この7隻は与那国島の南、およそ350キロメートルの海域を東進したことが確認されています。また、同日11時頃、同海域でクズネツォフ級空母「遼寧」から複数の艦載戦闘機と思われる機体が飛行する様子を今回初めて確認しています。

この艦隊は4月21日(土)に宮古島の東、およそ120キロメートルの海域を太平洋から東シナ海に向けて北西進し、沖縄本島と宮古島の間の海域を通過し、東シナ海に向けて北西進しました。

期日: 2018/04/20
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加