東京みなと祭、護衛艦「はたかぜ」が参加 消防ペーシェントも実施

東京みなと祭、護衛艦「はたかぜ」が参加 消防ペーシェントも実施

ニュース画像 1枚目:第70回 東京みなと祭
第70回 東京みなと祭

東京都港湾局は2018年5月26日(土)と5月27日(日)の2日間、「第70回 東京みなと祭」を開催します。会場は、東京都中央区の晴海客船ターミナルとその周辺の海域で海上保安庁や海上自衛隊による艦船の一般公開、東京消防庁による「水の消防ペーシェント」など恒例の企画の詳細や参加する船舶、艦艇が発表されました。

参加する船舶は東京都港湾局の浚渫船「海竜」、東京海洋大学の練習船「海鷹丸」、海上保安庁の測量船「海洋(HL-05)」、海上自衛隊の護衛艦「はたかぜ(DDG-171)」で、はたかぜは土、日の2日間ともに一般公開、その他は土曜日のみの公開です。

「水の消防ペーシェント」は5月27日(日)、開催されます。例年、晴海客船ターミナル付近でパレードが行われ、船舶を使った救助演技に加え、東京ヘリポートから離発着する東京消防庁のヘリコプターが3機参加し、船舶と連携した救助活動を披露しています。ペーシェント終了後には、東京消防庁の大型化学消防艇「みやこどり」が一般公開されます。

このほか、東京地方協力本部が自衛隊車両展示や南極の氷体験などを行うほか、関係機関が体験コーナーなどを設ける予定です。

■第70回 東京みなと祭 主な催し
・防災体験コーナー:5月27日(日) ページェント終了後
・みなと祭賑わいイベント:2日間開催
・見て!ふれて!東京港 (東京港関係PRコーナー):2日間開催
・防衛省・自衛隊 東京地方協力本部:2日間開催
・ポートステージ:2日間開催
 ※仮面ライダーショー、東京税関、東京消防庁音楽隊による演奏
期日: 2018/05/26 〜 2018/05/27
メニューを開く