航空局、航空機検査制度等検討小委員会で安全確保のあり方について審議 | FlyTeam ニュース

航空局、航空機検査制度等検討小委員会で安全確保のあり方について審議

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

国土交通省航空局は2018年5月24日(木)、「第4回 交通政策審議会 航空分科会 技術・安全部会 航空機検査制度等検討小委員会」を開催します。会場は、中央合同庁舎3号館の11階特別会議室で、開催時間は13時から15時です。

この部会は、航空機から排出される二酸化炭素の規制に関する新たな国際標準が策定されたこと、三菱リージョナルジェット(MRJ)の開発など国内の航空機産業の発展・拡大、航空機サプライチェーンの国際化に伴う関係国間の相互承認の進展、航空会社から独立して航空機の整備を行うMROビジネスの定着などで航空機の安全確保について変化する現状を踏まえ、設けられました。

小委員会には、日本航空機操縦士協会をはじめ、日本女性航空協会、日本航空技術協会、首都大学東京都市環境学部特任教授など8名が参加します。今回は、第1回以降行ってきた、現行制度の課題点についての業界関係者へのヒアリングの結果報告と、結果を踏まえた見直しの方向性について議論します。

詳しくは、国土交通省のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/05/24
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加