JAXA、地球低軌道で有人活動する事業アイディアを募集 8月8日必着 | FlyTeam ニュース

JAXA、地球低軌道で有人活動する事業アイディアを募集 8月8日必着

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2018年6月8日(金)、民間事業者などとのパートナーシップ型の新しい研究開発プログラム「宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC)」の最初の事業共創機会のお知らせ(AO)として、地球低軌道(LEO:Low Earth Orbit)での有人活動について事業アイディアを募集しています。JAXAは、LEOを民間事業者等による持続的で事業規模の大きい経済活動の場として発展させることを目指しています。

募集内容は、JAXAが運用する国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟等を活用した事業で、将来のLEO有人宇宙活動も対象とした事業ですが、すでに事業自立化した超小型衛星放出事業は対象外です。提案期限は8月8日(水)15時まで、郵送の場合は締切日必着で受け付けています。

なお、今回の募集に際し、説明会が実施されます。詳細はJ-SPARCサイトでアナウンスがありますが、メールでの通知を希望する方は6月15日(金)15時までにJ-SPARC担当まで連絡する必要があります。詳しくは、JAXAのウェブサイトを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加