ボーイングE-6 マーキュリー 航空機 徹底ガイド

ボーイングE-6 マーキュリー

ボーイングE-6 マーキュリー(Boeing E-6 Mercury)の航空機種情報です。
メーカー:ボーイング シリーズ: 707

ボーイングE-6 マーキュリー 航空機ガイド

ボーイングが製造したE-6 マーキュリーに関する航空機(飛行機)ガイドです。 航空ファンなら気になるE-6 マーキュリーに関する製造航空機(1機)、ニュース記事(2本)、飛行機写真(航空フォト:6枚)、航空イベント(3件)を提供しています。

ボーイングE-6 マーキュリーについて

E-6マーキュリーは、アメリカ海軍が運用する航空機です。TACAMO(Take Charge And Move Out)機と呼ばれる特殊任務の航空機で、潜航する潜水艦との通信を中継、空中指揮を担います。

この航空機は、ボーイング707-320型がベースです。ボーイング707をベースとした特殊任務の軍用機は、輸送機、大統領専用機、早期警戒管制機、諜報・通信傍受(SIGINT)などがあり、その中でも通信中継に主眼を置いています。このため、機内には通信機器が搭載されています。乗員は4名、通信員として13名から18名が搭乗しています。

航空機としては、軍ではF108ターボファンエンジンと呼ばれ、民間のCFMインターナショナル製CFM56エンジンが搭載されています。空中給油を受けるリセプタクルが付けられているほか、胴体が強化されています。

初飛行は1987年2月18日。ボーイングは1989年8月から1992年5月にかけてアメリカ海軍に納入し、計16機製造。1997年にはE-6Aの通信中継に加え、空中指揮のための通信機器が追加され、全機がE-6Bに進化しています。

ボーイングE-6 マーキュリー 投稿・登録状況

登録機体数
1機
ニュース記事
2記事
イベント
3件
航空フォト
6枚
ICAO機種コード
E6
FlyTeamでは、航空ファンのための「ボーイングE-6 マーキュリー」の飛行機ガイドを目指しています。 航空ファン・飛行機好きの皆さんからの航空フォトや搭乗レビューをお待ちしています。

ボーイングE-6 マーキュリー 記事

ボーイングE-6 マーキュリーの航空・飛行機に関するニュース記事 2件が配信されています。

ボーイングE-6 マーキュリー 航空フォト(飛行機 写真・画像)

ボーイングE-6 マーキュリー 過去のイベント情報

ボーイングE-6 マーキュリーのイベント情報(過去) 3件が登録されています。
メニューを開く