北海道地震当日、函館から帰名 - 全日空 クチコミ

メンバー評価
国|コード
日本 | IATA : NH | ICAO : ANA
アライアンス
スターアライアンス
FFP
ANAマイレージクラブ
ホームページ
ANA SKY WEB 日本語あり 英語あり
ANA Worldwide Sites 日本語あり 英語あり
成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

Copyright © SGR RT 改さん

北海道地震当日、函館から帰名

航空会社:
全日空
便名:
NH500
エコノミー
搭乗日:
2018/09
路線:
函館 → 中部(名古屋)
機体記号:
JA02AN
機材:
Boeing 737-781
総評4
4ッ星
機内食・ドリンク
3ッ星
座席(シート)
3ッ星
機内スタッフ
4ッ星
エンターティメント
無評価
トイレ・洗面台
無評価
機材コンディション
3ッ星
空港サービス
3ッ星
口コミ投稿者:

アクセス数:507 |  投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 時計は止まったまま
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 殆ど照明付いてない
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 JA02AN(4度目)
  • 写真の種類:座席(シート) いつもの足元チェック
  • 写真の種類:機内からの眺め 給油待ちの渋滞が・・
  • 写真の種類:機内からの眺め 函館港上空
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 満席のキャビン
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 ドリンク待機
  • 写真の種類:機内食・ドリンク コーヒータイム
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 東建塩河CC(手前)
  • 写真の種類:機内からの眺め 小牧上空を経て
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 Rwy18に着陸

総評

(今回も長文です、ほぼ震災体験談)

前日昼間にようやくたどり着いた北海道、
会合&宴席も無事コンプリート、
眠りについたのはAM2:00頃だったと記憶してます。

AM3:08分、

北海道胆振東部地震が発生、
私が滞在していた室蘭市郊外は震度5弱。

どんな揺れだったかと聞かれたら、
「気流の悪いところで飛行機が揺れる感じ」
というのが率直な感想です。

停電のためTVは付きませんが、
携帯の電波が生きていたのと、
ホテルの部屋は倒れそうな家具類が無く安心感があり、

(出来ればもう少し寝ていたい)

というのが正直な気持ちでしたが、
寝ようとすると余震が発生し寝られません。

例の外国からのお客様は初めての地震で怯えてました、
その日昼間のイベントは中止、
本来は最終のJAL便で名古屋に戻り、
翌日午後のCZ便で帰国というスケジュールです。

(帰りの飛行機は千歳から飛べるだろうか?)

そればかりを考えひたすら情報収集、
携帯アプリのradikoやTwitterはフル回転。

幸いにもレンタカーのガソリンは充分で、
携帯のバッテリー常にフルの状態、
スマホはまさにライフラインでした。

そして、とうとう千歳空港閉鎖のニュースが流れ、
正式にはAM7:20分にJALから欠航メールが来たことで、
即スマホで8時間後の函館→名古屋便を予約、
この時点で10席しか空いてませんでした、
これが本レビューのNH500便です。

予約できたとはいうものの、
万が一欠航した場合を考え、
函館から青森へのフェリーも視野に入れました。

また「青森からセントレア」が間に合わない場合を想定、
成田からのCZ便へ振り替えが可能かを確認し、
ひとまず室蘭から函館にレンタカーで移動開始。

室蘭からの高速道路は通行可能でした、
ETCも普通に動作しました。
(自家発電?)

クルマは殆どいなかったので順調なドライブ、
天気は北海道らしい快晴で景色も良く、
軽く観光しながらも定刻3時間前に函館空港に到着(!)

ここでグッと名古屋に近づいた感じがしたものです。

出発ロビーでは、
自家発電のため照明は落ち、
チェックインカウンター上の時計は地震発生時刻のまま、
そしてカウンターは長蛇の列。

我々はオンライン・チェックイン済みなので、
さほど待つことなく手荷物を預け、
余った時間を空港内で散策しましたが、
飲食店は休業、お土産店もカードが使えない等々、
いろいろ不便でした。

-----

そして搭乗機材JA02ANはほぼ定刻通りにやって来ました、
縁のある機材で今回で4回目なのですが、
その時の率直な感想はというと、、、

( ・・・小さっ・・・)

カウンターは大勢のキャンセル待ちで大混雑です、
せめて737-800ぐらいの機材に変更は出来ないものでしょうか。

搭乗開始は予定より10分遅れで開始、
隣は丘珠空港行きのSAAB340、
若干の遅刻者がいて出発が遅れました。

10分遅れのプッシュバックでしたが、
その後は順調そのもの、
特筆すべきアクシデントは一切なく、
愛知県内では犬山から空自小牧基地上空を経て、
南風運用のRwy18に着陸。

もともとはJAL最終便で帰名だったので、
色々ありましたが、
当初予定より早い帰着になりました。

-------

翌日、
無事に彼等を見送ってミッション・コンプリート、
この2日間は一生忘れることはないでしょう。

/////

フライトログ

搭乗の詳細データです。

座席番号 20K
搭乗クラス Y
区間マイル 656/525miles
出発予定時刻 15:25
搭乗時刻 15:10
出発時刻 15:35
飛行高度 40000ft
飛行速度 775km/h
到着予定時刻 17:00
到着時刻 17:08
予定飛行時間 1h35m
出発空港 天気・気温 晴れ時々曇り・23.6℃
出発ゲート・スポット Gate 6
出発空港 風速・風向 7.5m/sec・南西
離陸滑走路 Rwy 30
離陸時刻 15:44
到着空港 天気・気温 くもり・28.0℃
到着空港 風速・風向 3.9m/sec・南東
到着ゲート・スポット Spot 7
着陸滑走路 Rwy 18
着陸時刻 17:04
メモ Door close 15:33 / Sign off 15:49 / Sign on 16:34 / Drink 16:10 / Flap down 16:57 / Gear down 17:00 / Passengers 115/120(95.8%)

コメントする

コメントを書くには、ログインが必要です。

Recommend おすすめコンテンツ

全日空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加