京都旅行の往路はJALのファーストクラスで快適フライト - 日本航空 クチコミ

メンバー評価
国|コード
日本 | IATA : JL | ICAO : JAL
アライアンス
ワンワールド
FFP
JALマイレージバンク
ホームページ
JAL 日本語あり 英語あり
JAL Worldwide Sites 日本語あり 英語あり
JAL スーパー先得・先得割引(国内線) 日本語あり
伊丹空港 - Osaka International Airport [ITM/RJOO]で撮影された伊丹空港 - Osaka International Airport [ITM/RJOO]の航空機写真

Copyright © zero1さん

京都旅行の往路はJALのファーストクラスで快適フライト

航空会社:
日本航空
便名:
JL111
ファースト
搭乗日:
2017/11
路線:
羽田(東京) → 伊丹(大阪)
機体記号:
JA601J
機材:
Boeing 767-346/ER
総評5
5ッ星
機内食・ドリンク
5ッ星
座席(シート)
4ッ星
機内スタッフ
5ッ星
エンターティメント
5ッ星
トイレ・洗面台
5ッ星
機材コンディション
5ッ星
空港サービス
5ッ星
口コミ投稿者:

アクセス数:319 |  投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 羽田空港のファーストクラス専用エントランス。
  • 写真の種類:座席(シート) ファーストクラス・シート。
  • 写真の種類:座席(シート) ファーストクラス・シート。
  • 写真の種類:座席(シート) ファーストクラス・シートのテーブルの出し入れ... 続き>>
  • 写真の種類:座席(シート) ファーストクラス・シートのテーブルの出し入れ... 続き>>
  • 写真の種類:機内からの眺め 羽田空港の様子。
  • 写真の種類:機内からの眺め 羽田空港の様子。
  • 写真の種類:機内からの眺め 政府専用機の1番機。もうすぐ引退なんですねえ... 続き>>
  • 写真の種類:機内からの眺め 政府専用機の1番機。
  • 写真の種類:機内からの眺め 政府専用機の1番機。
  • 写真の種類:機内からの眺め 政府専用機の2番機。この日は、北風の滑走路運... 続き>>
  • 写真の種類:機内からの眺め 政府専用機の2番機。
  • 写真の種類:機内からの眺め
  • 写真の種類:機内からの眺め
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
  • 写真の種類:機内食・ドリンク 羽田発便の朝食

    チャーシューのトーストサン... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク 羽田発便の朝食

    チャーシューのトーストサン... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク 羽田発便の朝食

    チャーシューのトーストサン... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク 羽田発便の朝食

    チャーシューのトーストサン... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク 羽田発便の朝食

    チャーシューのトーストサン... 続き>>
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ 無料で使える機内WiFiサービス。
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ 羽田のラウンジでダウンロードをし始めたNet... 続き>>
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ 短時間でしたが、Netflixのオリジナル作... 続き>>
  • 写真の種類:機内からの眺め 大阪の上空。
  • 写真の種類:機内からの眺め
  • 写真の種類:機内からの眺め あべのハルカスが遠くに見えますねえ。
  • 写真の種類:機内からの眺め 大阪城。
  • 写真の種類:機内からの眺め
  • 写真の種類:機内からの眺め 千里川の土手。また機会を作って、ここで夜間撮... 続き>>
  • 写真の種類:機内からの眺め 伊丹空港。

総評

今回は、京都に行く往路で、羽田->伊丹便を利用しました。

【機内食・ドリンク】
今回は朝食ということで、洋食をベースにした軽食スタイルでした。
温かいクリームマッシュルームスープとトーストサンドに、デニッシュとサラダを加えたメニュー構成は、早い時間帯の機内食としては、ボリューム的にもちょうど良く、バランスの取れた内容だったと思います。羽田->伊丹のフライト時間は、およそ1時間ほどですので、このぐらいのボリュームだと、ゆっくり目に食べても、ちょうど良い感じでした。肝心なお味の方は、温かいスープとトーストサンドが美味しかったですが、意外と、サイドメニューのサラダとフルーツも美味しかったですよ。なにより、温かいものと常温のものの組み合わせ感が良く、機内で頂く朝食としては、十二分なクォリティだと思います。

【座席(シート)】
使用機材がB767でしたので、2-1-2のシート配列、1列分しかないので、ファーストクラスのシートは5席のみでした。
とにかくフライト時間が短かったので、リクライニングするほどではなかったですが、勿論、ゆったり感は味わうことができました。ただ、ちょっとだけ気になったのは、テーブルの出し入れが面倒だったことかなあ。肘掛けテーブルのスペースって、おしぼりやスマホ等を置いたりするので、その肘掛けをスライドさせてテーブルを引き上げる仕掛け、そして、一旦、テーブルをセットしてしまうと、席から立てなくなってしまう点は、どうなのかなあ、と思いました。

【機内スタッフ】
JALのCAさんたちは、どなたも卒なく、スマートな応対をしてくれるので、とても快適なフライトを体験することができました。

【エンターティメント】
機内WiFiを無料で利用できるので、短いフライト時間ではありましたが、空港のラウンジでダウンロードしかけたNetflixのオリジナル作品を、フライト中、最後までダウンロードできたので、途中までですが、作品を楽しむことができました。機内WiFi環境では、ストリーミングはできないものの、ダウンロードはそこそこ出来るので、ダウンロードした映画やTV番組などを楽しめるNetflixやAmazonビデオ等の作品を機内で観るのもいいかもしれませんね。

【トイレ・洗面台】
今回は、短時間のフライトでしたので、利用しませんでした。

【機材コンディション】
特段、気になるところはありませんでした。

【空港サービス】
空港サービスということではないのですが、今回、なぜ、京都旅行なのに、新幹線ではなくて、ヒコーキをチョイスしたのか、余談ですが、ちょっと触れていきます。東京から京都まで、新幹線を利用すると、2時間強かかるわけですが、実は、ヒコーキを利用しても、ほぼ同じぐらいの時間で、京都駅まで行くことができます。というのも、伊丹空港から京都駅までリムジンバスで移動すれば、50分ほどで到着できるので、時間距離にしてみれば、どちらの移動手段を選択しても、ほぼ同じぐらいなので、たまに、気分転換でヒコーキを利用しています。料金に関しては、条件次第といったところですが、ウルトラ先得で、Jクラスぐらいをアサインすれば、ヒコーキの方がお得なのかもしれませんね。ちなみに、このパターンで京都に移動する場合、陸路に関しては、道路事情に左右されますので、その辺りは、ちょっとしたリスク要因かもね。

【総合評価】
今回も、とても快適なフライトを体験できました。京都旅行というと、新幹線だよね、といった先入観がありますが、たまに、ヒコーキを利用してみると、新鮮な気分で旅を楽しめたりしますよ。とりわけ、ヒコーキ好きの方には、マイルも貯まるので、オススメです。

コメントする

コメントを書くには、ログインが必要です。

日本航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加