やっぱり「所詮ナローボディは『消化試合』」 - ルフトハンザドイツ航空 口コミ・評価

航空会社 ルフトハンザドイツ航空

羽田空港 - Tokyo International Airport [HND/RJTT]で撮影された羽田空港 - Tokyo International Airport [HND/RJTT]の航空機写真

© TIA spotterさん

ドイツ
IATA | ICAO
LH | DLH
アライアンス
スターアライアンス

搭乗レビュー
やっぱり「所詮ナローボディは『消化試合』」

航空会社
ルフトハンザドイツ航空
便名
LH99
ビジネス
搭乗日
2019/03
路線
ミュンヘン → フランクフルト
機体記号
D-AIUP
機材
Airbus A320-214
総評2
2ッ星
機内食・ドリンク
1ッ星
座席(シート)
1ッ星
機内スタッフ
2ッ星
エンターティメント
無評価
トイレ・洗面台
無評価
機材コンディション
2ッ星
空港サービス
2ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
190
投稿日

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    A320-214/D-AIUP
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    入って直ぐ右手のシップナンバーのプレ... 続き
  • 写真の種類:座席(シート)
    前方はビジネスクラスが8列
  • 写真の種類:座席(シート)
    自席は窓側の8A
  • 写真の種類:座席(シート)
    シートピッチはエコノミークラスのもの
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    スナック
  • 写真の種類:機内からの眺め
    A320で8列目ともなるともう主翼や... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    機内食(朝食)
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    締めのドリンクサービス

総評

2019年3月、今や絶滅危惧種となった『ジャンボ』ことB747-400と、一方で大型機の象徴として世界を飛び回るA380、その両方のファーストクラスを一度の旅で乗り比べしようと発券したのが・・・、『タイ国際航空の【A380と『ジャンボ』のファーストクラス】を乗り比べる』旅。(https://fc-flyer.com/19itinerary03)

ミュンヘンからフランクフルトへのフライトも、私が萌えないナローボディ機:A320。『前回のフライト』(https://fc-flyer.com/ba1901)では、ナローボディ機のA319の搭乗でも非常に思い出に残るフライトとなった訳ですので、今回はナローボディ機のフライトを『消化試合』とディスる事なく搭乗します。

クラスはビジネスクラス、しかしながら相変わらずエコノミークラスの真ん中シートをブロックをしただけの【欧州内ビジネスクラス】。それでも通路側の席も空席だったのは幸運です。

上空に達し、機内サービスが始まり、終えるとコーヒーを頂きながらゆっくりして、やがてフランクフルトに到着。そう・・・今回はコックピットに招待されるとか、クルーさんと記念撮影するとかといったアクティビティーは一切なく、今度こそただ粛々とフライトをこなす事となったのでした。そうそう思い出に残るようなフライトは続かないものですね、結果やっぱり「所詮ナローボディは『消化試合』(※)」とディスってるフライトになりました。

 ※あくまでも個人の感想です。

詳細は『ルフトハンザ A320欧州内ビジネスクラスでミュンヘン-フランクフルト』にて。(https://fc-flyer.com/lh1901)

またラウンジの詳細は『ミュンヘン国際空港【ルフトハンザ"Delights to Go"】』にて。(https://fc-flyer.com/muclhdtg)

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら

ルフトハンザドイツ航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

メニューを開く