ウルムチエア、2019年までにARJ21-700を5機受領へ | FlyTeam ニュース

ウルムチエア、2019年までにARJ21-700を5機受領へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ウルムチエア ARJ21-700

ウルムチエア ARJ21-700

ウルムチエアは2018年11月6日(火)、中国商用飛機(COMAC)とARJ21-700の5機の確定契約を締結しました。2018年末までに2機、さらに2019年に3機を追加で導入する計画です。この契約はファンボロー・エアショーで海南航空グループがARJ21を20機、購入する覚書を締結しており、この契約の一環です。

ウルムチエアはこの機材の導入を通じ、同社のリージョナル・ネットワークの拡大に取り組みます。同社は、ARJ21について、中国の中央部や西部での厳しい環境にある飛行場での運用に強く、特に寒冷地や高度での性能に満足しているとコメントしています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加