ANA、伊丹・福岡・那覇の国内線ラウンジをリニューアル 隈研吾氏監修 | FlyTeam ニュース

ANA、伊丹・福岡・那覇の国内線ラウンジをリニューアル 隈研吾氏監修

ニュース画像 1枚目:伊丹空港ANAラウンジ イメージ
伊丹空港ANAラウンジ イメージ

全日空(ANA)は2019年2月以降、隈研吾氏監修のもと伊丹・福岡・那覇空港の国内線ラウンジをリニューアルオープンします。

これらのラウンジは「一期、一会」をデザインコンセプトとし、時間をテーマにしたラウンジをデザインしています。「ANA SUITE LOUNGE」では、飛行機のフラップを模した天井やウォールナットの木を使用した「大和壁」が落ち着きのある空間を演出します。また「ANA LOUNGE」では、「大和壁」に栓の木を使用し、明るい空間となっているほか、これまでのカウンターチェアに加え、新たにソファーシートが設置されます。

2019年2月上旬に、伊丹空港では「ANA SUITE LOUNGE」と「ANA LOUNGE」がリニューアルオープン、福岡空港では「ANA LOUNGE」に加え、国内線プレミアムメンバー向けの最上級ラウンジ「ANA SUITE LOUNGE」と室内型カウンター「ANA PREMIUM CHECK-IN」が新設されます。2月下旬には、那覇空港の「ANA SUITE LOUNGE」、2019年秋に那覇空港の「ANA LOUNGE」がオープンし、伊丹空港の室内型カウンター「ANA PREMIUM CHECK-IN」が新設されます。

詳しくは、ANAのウェブサイトを参照ください。

メニューを開く