SUBARU、国際航空宇宙展2018に出展 412EPなど模型を展示 | FlyTeam ニュース

SUBARU、国際航空宇宙展2018に出展 412EPなど模型を展示

ニュース画像 1枚目:SUBARUブースデザインイメージ
SUBARUブースデザインイメージ

SUBARUは2018年11月28日(木)から11月30日(金)まで東京ビッグサイトの東7、8ホールで開催される「国際航空宇宙展2018東京(JA2018 TOKYO)」に出展します。SUBARUは2016年の出展以来、2年ぶりの出展となります。

国際航空宇宙展は、1966年以来、数年おきに開催され、2000年以降は4年に1回のペースで日本航空宇宙工業会が主催している航空宇宙分野の国際展示会です。前回の「2016年国際航空宇宙展」では30の国と地域が出展し、約30,000人が来場しています。

ブースでは2018年7月に米国連邦航空局(FAA)の型式証明を取得した最新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」の大型模型や、同機種をベースとした陸上自衛隊向け新多用途ヘリコプター「UH-X」の大型模型、海上自衛隊の練習機「T-5」、航空自衛隊の練習機「T-7」、陸上自衛隊の多用途ヘリコプター「UH-1J」、陸上自衛隊向け戦闘ヘリコプター「AH-64D」など、SUBARUが手掛けた完成機を模型で紹介します。

また「旅客機ゾーン」ではボーイングと共同開発した787の「中央翼」のスケルトン模型を展示するほか、「無人機・将来技術ゾーン」では「空の移動革命に向けた取組み」を映像で紹介します。詳しくはSUBARUのウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/11/28 〜 2018/11/30
この記事に関連するニュース
メニューを開く