SUBARUとベル、発展型「412EPX」で協業 | FlyTeam ニュース

SUBARUとベル、発展型「412EPX」で協業

ニュース画像 1枚目:412EPX
412EPX

SUBARUとベル・ヘリコプターは2018年7月17日(火)、イギリスで開催中のファンボローエアショーで、陸上自衛隊向けの新多用途ヘリコプター「UH-X」のプラットフォームで、7月に型式証明を取得した最新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」で事業協力を発表しました。

「412EPX」は、これまでのベル412の多用途性を維持し、エンジンの出力をメインローターブレードに伝達する変速機構のメイン・ローター・ギアボックスを強化し、メイン・ローター・ギアボックス内の潤滑油が抜けた状態で30分間の飛行が可能な能力といったドライラン能力の向上などが図られている機体です。

「412EPX」をベースとした「UH-X」は、陸上自衛隊向けUH-1Jの後継機として開発が進められており、2015年にSUBARUと防衛省が「UH-X」の開発プロジェクト立ち上げ事業の試作請負契約を締結しています。「UH-X」は2022年にも陸上自衛隊向けに納入が開始される予定で、離島防衛や災害救助での活躍が期待されています。

ベル・ヘリコプターは「陸上自衛隊に最初にヘリコプターを納入して以来、SUBARUは長年のパートナーであり、「UH-X」および「412EPX」でもこの素晴らしい関係が継続、発展することを期待しています」とコメントしています。

SUBARUはベル・ヘリコプターと協力のもと、「412EPX」をもって民間機ビジネスを大いに発展させていきたいとしています。

メニューを開く