福岡空港、12月4日から国内線送迎デッキエリアを縮小 再整備工事で | FlyTeam ニュース

福岡空港、12月4日から国内線送迎デッキエリアを縮小 再整備工事で

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:国内線送迎デッキの範囲

国内線送迎デッキの範囲

福岡空港は2018年12月4日(火)から、国内線旅客ターミナルビル4階エリアの再整備工事に伴い、送迎デッキエリアの範囲を縮小します。

12月4日(火)から2019年1月23日(水)までは北側エリアを閉鎖し、1月24日(木)から2月26日(火)までは南側エリアを閉鎖します。いずれの期間とも、現在の約半分程度のスペースとなります。

送迎デッキまでは、中央エレベーターまたは各エスカレーターを使用し、3階にあるレストラン「YOSHIMI BLUESKY」の奥にある通路から階段を使用します。送迎デッキは2020年の夏ごろにリニューアルする予定です。

期日: 2018/12/04 〜 2019/02/26
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加