成田空港、制限区域内の自動走行実証実験 12月17日から3日間 | FlyTeam ニュース

成田空港、制限区域内の自動走行実証実験 12月17日から3日間

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:実験車両イメージ

実験車両イメージ

成田空港で2018年12月17日(月)から12月19日(水)までの3日間、制限区域内の自動走行実証実験が実施されます。

この実験は、国土交通省航空局が空港地上支援業務の省力化と自動化に向け、空港制限区域内の自動走行に係る実証実験の実施者を募集し、選定された鴻池運輸とZMPが共同で行います。ZMPは自動運転技術や自動運転車両管理システムなどを開発・提供しており、実証実験では自動運転実験車両を提供します。

実験では、成田空港で地上支援業務の一部を請け負うKONOIKEグループ傘下の日本空港サービス(JASCO)所属スタッフが、自動運転実験車両を使用して空港内を移動し、空港制限区域内という一般道路と異なるルールが適用される環境下で、自動運転技術実装に向けた検証と課題を抽出します。成田空港では、実証実験の場を提供するほか、安全面での指導や支援を行います。

詳しくは、成田空港のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/12/17 〜 2018/12/19
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加