JALのバーチャルアシスタント「マカナちゃん」、より幅広い情報を提供 | FlyTeam ニュース

JALのバーチャルアシスタント「マカナちゃん」、より幅広い情報を提供

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:「マカナちゃん」のサービスイメージ

「マカナちゃん」のサービスイメージ

日本航空(JAL)は日本アイ・ビー・エムとクオントの協力のもと、チャット形式の対話でハワイの現地情報やおすすめスポットを回答するバーチャルアシスタント「マカナちゃん」の機能を強化し、2018年12月19日(水)からハワイ特化型アプリ「HAWAIICO(ハワイコ)」で、より幅広く、最新で旬な情報の提供を開始しました。

これまで「マカナちゃん」では、利用者の質問に対し、事前に学習させた情報の中から回答する仕組みが導入されていましたが、今回の機能強化により、ハワイ旅行をサポートするJALオリジナルのお役立ちアプリ「HAWAIICO」内で日々新たに増え続ける記事情報の中から最も関連する情報を提案します。

これは、IBM Watsonの情報探索(Discovery)機能を活用したもので、事前に学習していない情報も、リアルタイムに探し出し、迅速に提供することができます。JALは今後も「マカナちゃん」のサービス向上などを通じて、ハワイでの滞在をより楽しくなるようチャレンジを続けていきたいと述べています。

期日: 2018/12/19から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加