ウクライナ国際航空、初のERJ-195導入 | FlyTeam ニュース

ウクライナ国際航空、初のERJ-195導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ウクライナ国際航空のERJ-195

ウクライナ国際航空のERJ-195

ウクライナ国際航空は2019年3月12日(火)、初めてのERJ-195を導入、ボルィースピリ国際空港にフェリーされました。この機体は製造番号(msn)「19000088」、機体番号(レジ)「UR-EMG」として登録されており、GEキャピタル・アヴィエーション・サービス(GECAS)からのリース機材です。

ウクライナ国際航空のERJ-195はビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス制で、計116席を搭載しています。この機材はすでに3月13日(水)から路線に投入されており、中長距離線や国内線での運航されます。同社では今回導入したERJ-195のほかに、5機のERJ-190を保有しています。

なお、「19000088」は以前、ヨルダンのアリア=ロイヤル・ヨルダン航空や、トルコのボラジェットで使用された機齢12年目の機材です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加