日本空港無線サービス、広島ヘリポートの無線端末をデジタル方式に移行 | FlyTeam ニュース

日本空港無線サービス、広島ヘリポートの無線端末をデジタル方式に移行

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

日本空港無線サービス(NAR)は2019年3月14日(木)、広島ヘリポートの管制業務や消防で利用されている無線端末をデジタル方式のシステムに移行、実業務で利用を開始したと発表しました。

今回導入されたデジタル方式の無線方式は、TETRA方式サービスの端末として、成田や那覇空港で利用されている無線端末を、端末同士の直接通信モードで提供し、端末の堅牢性や操作性で高い評価を得ています。空港専用に割り当てられた周波数を利用するため、障害の影響や他の無線システムとの混信が無く、災害時などに継続利用が可能です。

さらに、施設の拡張や端末数の増加でTETRAの基地局が設置された場合、それら基地局を経由するTETRAサービスの端末としても利用でき、拡張性にも優れています。

NARは全国の中小規模の空港や、現在アナログ方式の無線端末を利用している企業などに同サービスを提供し、サービスの拡大を図る方針です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加