ブリティッシュ・エアウェイズ、4機目の特別塗装機を定期便に投入 | FlyTeam ニュース

ブリティッシュ・エアウェイズ、4機目の特別塗装機を定期便に投入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ニガス・デザインの747-400

ニガス・デザインの747-400

  • ニュース画像 2枚目:4種類目のレトロ塗装機

ブリティッシュ・エアウェイズは2019年3月21日(木)、レトロ塗装機として最後のニガス・デザインの747-400の機体記号(レジ)「G-CIVB」を披露しました。この機体はケープタウン線のBA43便に投入されています。

創立100周年を記念し、ブリティッシュ・オーバーシーズ・エアウェイズ(BOAC)塗装が施されたレジ「G-BYGC」の747-400、ブリティッシュ・ヨーロピアン・エアウェイズ(BEA)塗装が施されたレジ「G-EUPJ」のA319、ランドー・デザインのレジ「G-BNLY」の747-400とあわせ、100周年を祝います。

ブリティッシュ・エアウェイズはすでに運航を開始しているレトロ塗装機は、世界的に多くの熱狂的ファンからの人気を集め、多くの人に懐かしい思いを抱かせていると、導入が成功しているとコメントしています。ランドー・デザインはすでにヨーロッパ、アフリカ、中東、北米などに飛行しており、新たなニガス・デザインも世界各地を飛行します。

ニガス・デザインは、1974年から1980年までブリティッシュ・エアウェイズの期待に採用されたデザインです。この4機、4種類のデザインで100周年を祝います。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加