東北地方整備局や福島県など、阿武隈川上流総合水防演習を開催へ | FlyTeam ニュース

東北地方整備局や福島県など、阿武隈川上流総合水防演習を開催へ

ニュース画像 1枚目:阿武隈川上流総合水防演習
阿武隈川上流総合水防演習

東北地方整備局や福島県、関係23市町村で組織する実行委員会は2019年5月26日(土)、福島県郡山市の阿武隈川水系阿武隈川左岸で、「阿武隈川上流総合水防演習」を実施します。開催時間は8時30分から12時まで、郡山市での開催は12年ぶりです。

国土交通省では、梅雨や台風などに備えた防災と減災の取組として、毎年5月、北海道では6月を「水防月間」として定めており、各地域で総合水防演習など、様々な取組を実施しています。

この総合水防演習では阿武隈川流域市町村水防団による水防工法演習や、住民よる避難訓練、テックフォースによる支援活動訓練、消防や警察、自衛隊などによる救助救護訓練、協定自治体や企業による支援物資輸送訓練が実施されます。この演習に例年、福島県消防防災航空隊の「ふくしま」が参加しています。

また、東北6県代表水防団による、シート張り工と月の輪工の水防工法技術競技大会や、本会場の富久山河川敷や郡山駅西口広場、ショッピングモールフェスタなどで、阿武隈川の水害パネル展示や降雨体験、災害擬似体験、水防工法体験コーナーなどが実施されます。

なお、見学はどなたでも可能で、入場は無料です。

期日: 2019/05/26
メニューを開く